代謝を上げる為にはどーしたらいい!?

《代謝を上げる方法》

そもそも代謝って一体でしょうか??

わかりやすく言うと代謝って大きく分けると3つあります。

1:基礎代謝→体を動かさなくても行われるエネルギー消費

2:生活活動代謝→運動したり、体を動かすことによって起きるエネルギー消費   

3:食事誘発性熱代謝→食事することで内臓が活発になりエネルギーを消費します。

この中でエネルギー消費量として最も多いのは基礎代謝量(60%)です。

以外にも生活活動代謝量は少なく30%程度です。

運動だけではエネルギーは3割しか消費されません。

そして食事誘発性代謝は10%と言われています。

これでお分かりかと思いますが代謝を上げるのに最も大切なことは基礎代謝量を上げることです!!

また、基礎代謝量は年齢を重ねるごとに低下していきます。

ですから歳をとると太りやすくなったり

体形が崩れたりしてしまうのです。

 

 

≪基礎代謝量を上げる3つの方法をお教えします≫

①筋力をつける

基礎代謝量を上げるには筋肉量を増やすことは効果的です。基礎代謝のうち筋肉で消費されるエネルギーは多くを占めます。なので筋肉を増やすとそれだけ消費エネルギーは増え、基礎代謝が上がるのです。また、お尻や太ももの筋肉は体の中でも大きい筋肉なのでその大きい筋肉を増やすことでさらに基礎代謝をUPします。

②柔軟性を高める

 

体が硬いと関節の動きが鈍くなったり、血行が悪くなり老廃物を体内にため込んでしまいます。

ストレッチで柔軟な体にすることで関節可動域を広げてしっかりと体を動かせるようになります。また、血液循環も良くなり老廃物を排出します。冷えの改善にも繋がり基礎代謝量が上がります。

③朝食をしっかり摂る

朝はバタバタしていて、朝食を摂らなかったり、野菜ジュースだけ、なんて方もいると思います。

朝は特に体が冷えていて低体温になりがちですが、体温が1℃違うと12%も代謝量が変わると言われています。

そして朝食を摂ることで脳が反応して体を活動モードに切り替え、基礎代謝量を上げていきます。

考えて朝食を摂ることで体を温め、寝ている脳と体を起こして、基礎代謝を上げましょう!

 

《まとめ》

いかがだったでしょうか?

代謝の中でも最も重要となる基礎代謝、年齢と共に低下してしまう基礎代謝量、太りやすくなったり痩せにくくなったり体が冷えるようになったり・・・

基礎代謝を上げることでその悩みが改善できるかもしれません!!

代謝を上げるのは目に見えてすぐに変化するものではありません。

毎日のコツコツと行動する事で生活習慣を変え、少しずつ変化を感じてくると思います。

代謝を上げて健康的な体にしていきましょう★

最後までお読みいただきありがとうございます。

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA