健康でキレイになる為に必要なもの!【パート①】

健康でキレイな女性になる為に必要なもの!!【パート①】

ここ最近、色々な健康食品や○○ダイエットと流行りの食べ物が出てきますよね?

今回は特に現代の女性が足りていない栄養素をピックアップして、その栄養が足りないとどうなってしまうのか・・・

またどのように摂るのがおススメなのかを書いていきたいと思います!!

健康でキレイになりたい方は必見です!!是非最後までお読みください☆

 

【ビタミンB群】

まずは、ビタミンB群が足りなくなると身体やお肌にどのような影響があるのでしょうか??

『疲れが取れない…』『イライラする…』『お肌が荒れやすい…』『太りやすくなる』

と言った状態になってしまいます。

それではビタミンB群とは一体何でしょう。

実はビタミンB群だけでも8種類もあります(^▽^;)

B1・B2・B6・B12・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビオチンこれらは全てビタミンB群と呼ばれています。

ビタミンB群の特徴としては。。。

①水に溶けやすい、水溶性ビタミン

②熱に弱い

③補酵素として働く(たんぱく質や糖質を摂取した際にそれらを消化し、エネルギーや身体を作る材料に合成する)

なのでビタミンB群は水溶性なので多く摂り過ぎても尿として排泄されるので安心ですね、しかし足りないと身体に色々な不調が出てしまいます。

この後細かくご説明いたします。

8種類すべてを細かく書いてもごちゃごちゃしてしまうと思うので今回は【ビタミンB1】【ビタミンB2】のことを書きますね(#^.^#)

【ビタミンB1】

『糖質の分解に欠かせないビタミンB1!!』

糖質。つまりごはんやパンなどの炭水化物(糖質)をエネルギーへと変えて、身体を元気にするサポートしています。

忙しい女性は朝食やランチをおにぎりやサンドイッチで軽く済ませてしまう事も多いのではないでしょうか?

また、スイーツやアルコールを良く摂る方もビタミンB1が不足してしまいます。

ビタミンB1が不足すると摂取した糖質がエネルギーへと変わることができず、疲れやすくなったり、代謝が低下し太りやすくなってしまいます。

集中力の低下やイライラなどの症状も出てしまいます。

炭水化物を多く摂る方・アルコールやスイーツが好きな方、運動によってエネルギーを消費しやすい方はビタミンB1を積極的に摂る必要があります!

ビタミンB1の最低の摂取量は1日に1.1㎎(女性)と言われています。

ビタミンB1が摂りやすい食材として上げられるものは、豚肉の赤身です。特に脂身の少ないヒレ肉が多く、100gに0.98㎎含まれています。

他には豚もも肉は100gに0.90㎎、豚ロースは100gに0.68㎎なので豚肉はB1を摂取するには良いですね!!

また、玄米・豆類・ナッツ類にも多く含まれています!

ただ、注意点として上でも書いたようにビタミンB群は熱に弱く溶けやすいので長時間の加熱は避けましょう☆

豚肉を焼くときは玉ねぎやニンニクなどを一緒に炒める事で「アリシン」と結びつき、熱に強くなり、更に吸収も良くなります

納豆・枝豆・雑穀米などもおススメです☆

 

【ビタミンB2】

『脂質の代謝にはビタミンB2!!』

ビタミンB2は3大栄養素全ての代謝に関わりますが、その中でも「脂質」をエネルギーに変える事にとても大事な働きをしています!

ビタミンB2は「成長ビタミン」とも呼ばれ、成長期の子供や胎児の場合はビタミンB2が不足すると成長不良になってしまう可能性があります。

またビタミンB2は細胞の発育や粘膜を保護するという役割もあり、不足すると肌荒れや口角炎・口内炎・目の疲れ、充血などの症状も引き起こします。

ビタミンB2の1日の最低摂取量は1.1㎎(女性)です。

ビタミンB2を多く含む食材としては豚レバーです。100gに3.6㎎も含まれています。

ただ、ビタミンB2も熱に弱いため、納豆や卵、牛乳などの熱を通さなくても良い食材もおススメです☆

 

いかがでしたか??

ビタミンB群だけでも8種類あることにちょっとびっくり!

次回はビタミンB6とB12について書いていきますので楽しみにしていて下さいね☆

まずはビタミンB1とB2を意識して身体に入れていきましょう!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました♪

ルナソーレ美容鍼灸サロン

 

 

記事が参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA