ニキビの治療について

 

ニキビ

10代の思春期の頃にできるニキビは成長ホルモンの分泌によって皮脂が毛穴を埋めてしまい発生する。

 

そのようなニキビは大人になるにつれて成長ホルモンが止まり治っていくことが多い。

 

20代以降のニキビの原因は様々でストレスやバランスの悪い食生活・生理不順・胃腸障害などがあり、ターンオーバーが遅れることによって毛穴が詰まってできることも多い。

 

また、生理前にできる方も多く、それはホルモンバランスが崩れてしまい発生する。

 

ニキビにはいくつか種類があり、白いニキビは皮脂や角質が詰まって、毛穴が膨らんでしまうニキビです。

 

さらに毛穴が開いて溜まっていた皮脂が酸化することで黒ニキビになります。

 

また一般的に多い赤ニキビは皮脂によって常在菌のアクネ菌が増殖し、炎症が起こり赤くなるニキビです。

 

ニキビ

ニキビに対するアプローチとして、お顔への美容鍼では局所に鍼をする事で血流の流れを良くして炎症を抑えていきます。

 

また、鍼をする事でお肌のターンオーバーを促進し、新陳代謝を早めてニキビを改善していきます。

 

そしてニキビの改善にはお身体への鍼もとても大切です。

 

身体の状態に合わせてホルモンバランスや自律神経を整える事でニキビのできにくい体質を作っていきます。