坐骨神経痛について

 

 

坐骨神経痛は腰から足にかけて走っている神経で、この神経が圧迫されたり、刺激されることで痛みや痺れを感じることがあります。原因と症状を理解していれば正しく対応することができるので、原因と症状について理解しておくことは非常に重要です。

 

坐骨神経痛の原因

 

 

坐骨神経痛の原因は様々ですが、若い人の場合は重いものを担ぐウエイトトレーニングや激しいぶつかり合いがあるようなスポーツなどで、腰椎椎間板ヘルニアを患ったことをきっかけに坐骨神経痛を感じることが多いです。高齢者の場合は腰部脊柱管狭窄によるものが多いです。

①腰部脊柱管狭窄

 

腰部脊柱管狭窄はあまり聞きなれない言葉ですが、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫されることで、痛みや痺れを感じることが多くなります。

②椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアの場合はクッションの役割を担っているものが圧迫されることで押し出されて神経を刺激します。

③坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛の主な症状としては下半身の痛みや痺れがメインになります。体を動かしたり、腰を曲げることで痛みを感じたり、脚だけではなく腰まで痺れてくることもあります。

 

坐骨神経痛でお悩みなら当院へお任せください

 

 

坐骨神経痛でお悩みなら当院にお任せください。ひどくなると安静にしていても下半身の痛みや痺れを感じます。靴下を履くのも難しいこともあり、生活に支障が出てしまうことも多いので、ストレスもたまってしまいます。

 

痛みを我慢して、仕事や家事、趣味にといろいろなことに支障が出る前に当院にご相談ください!当院では、患者様に心から元気になってほしいと思いを込め、施術を行っています。ご来院をお待ちしております。

 

tel:0455309292
お問い合わせ