しみの原因と改善

 

しみの原因として主に皮膚の老化と紫外線の2つが挙げられます。

 

しみは色素を作るメラノサイトという細胞が紫外線(UVA・UVB)の照射を受けることで活性化しメラニン産生の促進が起こり、生じます。

 

しみはメラニン産生とメラニン消化のバランスで生じて、加齢に伴い大量にメラニン色素を持つ細胞が増えることにより起きてしまいます。

 

鍼をすることで血流が良くなってメラニン沈着を防ぎ、コラーゲンの産生が促進されることによって皮膚の新陳代謝が活性化されます。

 

また、鍼の刺激によって新鮮な血液が流れて、メラニン産生を防ぎます。

 

しみ・くすみの原因

 

ネット予約

ネット予約

tel:0455309292
お問い合わせ