花粉症について

 

 

花粉が飛散する春と秋になると、多くの日本人を悩ませるのが花粉症です。現在では日本人の4人に1人が悩まされているとされ、花粉症は国民的なアレルギー症状と言えるでしょう。

 

花粉症の症状

 

 

花粉症の一般的な症状についてはくしゃみや鼻水、鼻詰まりに目のかゆみなどなど、様々なアレルギー症状をもたらします。こういった症状は一般的に春に起きるものだとイメージしがちですが、近年では秋に花粉症になる人も少なくありません。

 

花粉症の原因

 

 

花粉症のアレルギー症状が起きる原因については、様々な植物を挙げることができます。一般的に多いのはスギやヒノキの花粉で、主に2月から4月にかけて飛散するため春に症状を訴える人が多いです。スギとヒノキは北海道を除く地域で植えられていますから、全国的に花粉症の症状を訴える人が多いことにも納得できるでしょう。他にも春にはハンノキやシラカンバなどの花粉が原因で、症状を訴える人もいます。

 

秋に花粉症になる原因については、ブタクサやヨモギ、カナムグラなどを挙げられます。日本全域に分布しているこれらの植物は、秋に花粉を飛ばすため秋にアレルギー症状が発生します。他にもイネ科の植物が原因で夏に感じる人もいて、花粉症はもはや春だけではなく一年を通して日本人が悩まされている症状です。

 

花粉症でお悩みならLUNA SOLEにお任せください

 

 

花粉症にはレベルがあり、今は軽症でも後に重症化する可能性は十分にあります。鍼灸治療は全体的な体質改善の他、花粉症に有効なツボを刺激することによって、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状を改善できます。

花粉症でお悩みの方はぜひLUNA SOLEへお越しください。